Yossy’s diary

好きなものをいろいろと。

SIMロックを解除してみた 〜iPad(ソフトバンク)編〜

みなさんこんにちは。
前回の更新から一年以上経過してしまいましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。
ブログでは言及していませんでしたが、SoftBankにて購入した10.5インチiPad Proが、SIMロック解除の条件を満たしたので、SIMロックを解除してみました。その流れを以下にまとめてみました。

  • 本記事の流れ

SIMロックについて

日本のキャリア(ドコモ、auソフトバンクなど)から発売されている携帯端末のほとんどには、他社のSIMカードを挿入しても通信ができないようにSIMロック」というものが掛けられています
SIMロックがかけられた端末を他のキャリアでも使えるようにする作業が「SIMロック解除です。
いままではSIMロック解除といえば、業者に頼み何かしらの非公式な方法でするものでした。
しかし、今日の格安SIM人気が影響してなのか、総務省がキャリアに、SIMロックの解除に応じるよう義務付けたのです。
このことで、SIMロック解除は利用者にとってもなじみのあることとなってきました。
たとえば、

などといったことが従来に比べ簡単にできるようになったということです。
Android端末の多くは、モバイル回線の電波の周波数を発売元のキャリアに適合した部分しか対応させないため、他社で使うのは厳しい場合もありますが、iPhone/iPadは基本的に国内版は同じ仕様みたいなので、SIMロック解除による恩恵を大きく受けられます。スマホを売却する際に、SIMロック解除済みだと買取金額が上がるお店もあります。

しかし、このSIMロック解除には条件があり、場合によってはすぐにできないこともあります。

SIMロック解除に必要な条件
  • 2015年5月以降に発売された機種(SIMロック解除機能を搭載したものに限ります)のSIMロック解除は、購入日(当社システムにて記録されている販売日など)より101日目以降の場合に受付可能です。
  • 以下3つの条件すべてに当てはまる場合は、機種購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除の手続きが可能です。
  1. 2017年12月1日(金)以降に、機種変更前の対象回線でSIMロック解除を行ったことがあること
  1. 前回のSIMロック解除受付日から101日目以降であること
  1. 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種であること
  • 製品の分割支払金/賦払金を一括精算した場合や、製品を一括購入された場合に受付可能です(ただし、一部の一括販売キャンペーンで購入された製品の場合、SIMロック解除をお断りする場合があります)。
  • 解約済み製品のSIMロック解除のお手続き可能期間は、解約後90日以内となります。また、解約済み製品のSIMロック解除のお手続きは、契約されていたご本人さま限り可能です。
  • 安心遠隔ロックなど製品の機能を制限するサービスをご利用の場合は、これらのサービスを解除後にお手続きをさせていただきます。
  • 対象の製品に故障や水濡れがある場合は、SIMロック解除のお手続きができません。故障修理などが完了してからのお手続きとなります。
  • ネットワーク利用制限製品については、解除のお手続きをすることができません。
  • 対象の製品を契約されていたご本人さまに限り可能です。

*1

ソフトバンクの場合の条件です。
キャリアによって異なると思いますが、大まかにまとめると、

  • 購入から101日目以降から可能
  • 契約本人以外出来ない

また、製品の残債を一括清算した場合や一括購入した場合に受付可能と書いてありますが、今回ここで僕ははまりました。
結論から書くと、分割支払い中でも購入から101日経過していればSIMロック解除はできました。
書いてあることがわかりにくく、ページによって記載内容が違っていて少し不親切だと感じました。

実際にSIMロックを解除してみる

ソフトバンクで購入し、分割支払い中の10.5インチiPad Proで検証します。
※当記事を参考に実施する方は自己責任でお願いします。不安な方はショップや身近にいる詳しい人にやってもらうことをお勧めします。トラブルが発生しても当ブログは責任を負えません。

①My SoftBankにアクセスし、ログインします。
②メニューから「契約の確認・オプション管理」を開き、関連メニューから「SIMロック解除手続き」を開きます。
f:id:Yossy_Android:20180309103357p:plain
③「製造番号(IMEI番号)の入力」に、SIMロックを解除したい端末の製造番号(IMEI)を入力し次へを押します。iOSの設定からコピーしたIMEIはスペースが含まれていますがそのまま入力して大丈夫です。
iOSの場合は、設定→一般→情報→IMEI、
Android端末の場合は、設定→端末情報→端末の状態(ステータス)→IMEI(IMEI情報)、
または電話(ダイヤル)アプリで*#06#と押す(発信ボタンは押しません)→IMEI
f:id:Yossy_Android:20180309104151p:plain
ソフトバンクの場合、受付時間(9時~21時)外はSIMロック解除申し込みができません。
f:id:Yossy_Android:20180309104226p:plain
④次へを押すと確認画面になりますので、確認して「解除手続きする」を押します。
f:id:Yossy_Android:20180309104846j:plain
⑤「手続き受付完了」の画面になったら、My SoftBank上での手続きは完了です。
f:id:Yossy_Android:20180309104944j:plain
⑥SIMスロットの取り出し穴にSIMイジェクトピンを挿入しSIMトレイを取り出し、他社のSIMカードに取り替えます。
iOSバイスは基本的に電源が入ったままSIMの出し入れが可能ですがAndroidは多くの機種が電源を切った状態で交換するようになっているので注意してください。
他社のSIMカードを入れると、「アクティベーションが必要です」と表示されるので、「了解」をタップします。
f:id:Yossy_Android:20180309105427p:plain
この時点ではまだ左上のキャリア表示はiPadとなっていますね。
アクティベーションの画面になりますので、その端末で使用しているApple ID、パスワードを入力し進みます。アクティベーションに成功すると普段の画面に変わります。
今回はドコモのspモード契約のSIMカードを使いました。
ステータスバーにdocomo 4Gと表示されているのが確認できます。
f:id:Yossy_Android:20180309105954p:plain
f:id:Yossy_Android:20180309110234p:plain
普通では、SIMカードに適したプロファイルを導入しAPN設定をしなければならないはずですが、今回ロックを解除した10.5インチiPad Proでは 自動的にAPNが設定されました。
f:id:Yossy_Android:20180309110311p:plain
しっかり接続出来ています。
f:id:Yossy_Android:20180309110406p:plain
これでSIMロック解除の流れは終わりです。お疲れさまでした!
簡単なような、難しいような、ですね。
完全に余談ですが、ドコモのSIMを入れていたら、ソフトバンクWi-Fiスポットアプリに、「ご契約のソフトバンクUSIMカードを挿入してください。」と怒られてしまいました(笑)
iOSでもバックグラウンドでアプリが端末の状態を読み取ることができるみたいですね。勉強になります。f:id:Yossy_Android:20180309110607p:plain

まとめ

条件を満たせば、利用者自身でSIMロック解除ができました。
まだまだ改善点がありそう、という感じですがロック解除できるだけでもありがたいですね。
つたない文章でしたが最後までお付き合いいただきありがとうございました。
次の更新はまたいつになるかわかりませんが、ネタと時間があれば早めにしたいと思っております(笑)
ではでは!